O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚で悩んでいる方のために矯正方法や改善方法、治し方、原因、ストレッチなどわかりやすく紹介しています。

あなたは、多くの人が間違った方法でO脚を治そうとしているのは知っていますか?


間違った方法でO脚を治そうとすると、かえって症状が悪化してしまうことがあります。


O脚となっている根本原因を解決しない限り、O脚を治す事はできません。


二度とO脚に戻ることなく、短期間でO脚を治せる正しいO脚の矯正方法とは?



膝下O脚のチェック方法

 

膝下O脚のチェック方法は、まず足を揃えて立った時に、

 

膝がくっついているか、ふくらはぎの状態がどうかでわかります。

 

 

ふくらはぎが外側に大きく張り出してしまっていると、

 

膝下O脚の可能性が高くなります。

 

 

そして、大切なのは、膝頭の方向です。

 

 

O脚の人は、膝頭が外を向いていることが多いのですが、

 

膝下O脚の場合、膝頭が内側に入り込んでいるのが特徴です。

 

 

膝頭が内側に入り込んでしまうことが、

 

ふくらはぎが張り出してしまうことに繋がっているのです。

 

 

この時に、ちょっと力を入れて膝頭が前を向くのであれば、

 

まだ軽度のO脚と言うことになりますから、矯正も簡単と言われています。

 

 

もともとO脚の人が、間違った矯正をしたことで、

 

膝下O脚になってしまったケースが多いので、

 

膝下O脚の人は、自分勝手に矯正をするのは、避けたほうがいいですね。

 

 

また、膝下O脚の場合には、

 

膝下の疲れが非常に大きくなると言われています。

 

 

見た目には、膝下O脚のような感じはないけれど、

 

なんだか膝下が特に疲れると言う時には、

 

膝下O脚を疑ったほうがいいですよ。

 

 

特にスポーツをしている人の場合には、膝下O脚が原因で、

 

怪我をする可能性も高くなるので、注意が必要と言えるでしょう。

 

 

日本人に多いO脚は、脚全体の症状が主ですが、

 

膝下O脚は、膝から下に症状が集中しやすいので、

 

これもチェック方法の一つとも言えますね。

 


FX このページのトップへ戻る