O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚で悩んでいる方のために矯正方法や改善方法、治し方、原因、ストレッチなどわかりやすく紹介しています。

あなたは、多くの人が間違った方法でO脚を治そうとしているのは知っていますか?


間違った方法でO脚を治そうとすると、かえって症状が悪化してしまうことがあります。


O脚となっている根本原因を解決しない限り、O脚を治す事はできません。


二度とO脚に戻ることなく、短期間でO脚を治せる正しいO脚の矯正方法とは?



腹筋によるO脚の改善方法

 

O脚は、体の姿勢が悪いことでも起こるものです。

 

「O脚と腹筋なんてあまり関係ないでしょ」、と言われそうですが、

 

腹筋を鍛えることで、O脚が改善されるケースもあるのです。

 

 

O脚の人は、お腹がポッコリ出ていることが多く、

 

これは決して肥満などではなく、

 

腹筋が弱っているために姿勢が悪くなってしまっているのです。

 

 

もちろん、腹筋が弱いことだけが、O脚の原因とは言えませんが、

 

筋肉の衰えは、明らかにO脚を引き起こす可能性があります。

 

 

ただし、腹筋を鍛えればいいからと、自己流のトレーニングを行うと、

 

無理がかかって腰を痛めてしまう場合があります。

 

 

では、簡単なトレーニングをご紹介しましょう。

 

 

床に仰向けになります。

 

両膝を立て、足の裏も床につけておきます。

 

手は、耳たぶを軽くつかむようにしましょう。

 

 

以前は、腹筋と言うと、首の後ろで手を組むことが主流でしたが、

 

この方法は首に負担がかかって危険です。

 

 

次に、腹筋を使いながら少しずつ体を起こします。

 

両膝を見る感じで、ゆっくり行うのがコツです。

 

 

この状態を保ったまま、両脚を上げます。

 

15秒くらい頑張ってみましょう。

 

 

そして、ゆっくり脚を下ろします。

 

 

簡単と言いましたが、実はかなりハードです。

 

初めて挑戦する時は、1〜2回で腹筋に限界が来るかもしれません(笑)。

 

 

ですが、腹筋を鍛えて、お腹がすっきりするとともに、

 

O脚の改善もできれば、かなり嬉しいと思いますよ。

 


FX このページのトップへ戻る