O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚で悩んでいる方のために矯正方法や改善方法、治し方、原因、ストレッチなどわかりやすく紹介しています。

あなたは、多くの人が間違った方法でO脚を治そうとしているのは知っていますか?


間違った方法でO脚を治そうとすると、かえって症状が悪化してしまうことがあります。


O脚となっている根本原因を解決しない限り、O脚を治す事はできません。


二度とO脚に戻ることなく、短期間でO脚を治せる正しいO脚の矯正方法とは?



O脚のメカニズム

 

O脚は、日本人に多い症状と言われています。

 

あなたもO脚に悩んでいるのであれば、

 

最初にO脚のメカニズムを知っておくと、

 

改善に役に立つと思います。

 

 

私たちは、おぎゃーと産まれた時、実は既にO脚になっています。

 

産まれたばかりの赤ちゃんは、歩くことはありませんから、

 

O脚でも何の問題もありません。

 

 

「歩き始めるとなぜO脚になるのか?」と言うと、

 

歩く際に体重のバランスが悪い、座っている時の姿勢が悪い、

 

内股になりがちで、膝が内側に開いているなどが考えられます。

 

 

つまり、O脚は、生まれつきと言うよりも、

 

生活習慣によって発生すると言えるでしょう。

 

 

また、O脚は、筋肉の低下も関係しています。

 

 

太ももの内側やお尻の筋肉が少ないと、

 

体をまっすぐに保つことができず、

 

膝が内側に入ってしまい、O脚になりやすいとのことです。

 

 

O脚の場合、股関節や膝関節、足関節などが歪んでしまうことがあり、

 

痛みを伴うケースも多くあります。

 

 

また、女性の場合、O脚が骨盤の歪みの原因となることもあります。

 

骨盤の歪みは、冷え性や生理不順を引き起こす可能性もあるので、注意が必要です。

 

 

私は、痛みが出るところまではいかなかったのですが、

 

たいした病気ではないからと、O脚をそのままにすることは、

 

関節の変形を引き起こしてしまいますから、

 

早めに改善することが重要ですね。

 


FX このページのトップへ戻る