O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚で悩んでいる方のために矯正方法や改善方法、治し方、原因、ストレッチなどわかりやすく紹介しています。

あなたは、多くの人が間違った方法でO脚を治そうとしているのは知っていますか?


間違った方法でO脚を治そうとすると、かえって症状が悪化してしまうことがあります。


O脚となっている根本原因を解決しない限り、O脚を治す事はできません。


二度とO脚に戻ることなく、短期間でO脚を治せる正しいO脚の矯正方法とは?



O脚とリウマチ

 

O脚が関係している疾患にリウマチがあります。

 

リウマチは、そのほとんどが慢性関節リウマチを指していますが、

 

その症状の一つとして、O脚が上げられているのです。

 

 

もちろん、関節リウマチだからと言って、

 

必ずO脚になるわけではありませんし、

 

O脚だからといって、関節リウマチになると言うこともありません。

 

 

関節リウマチは、指先や足先の痺れから始まって、

 

症状が進行すると様々な関節を壊してしまう恐ろしい病気です。

 

 

なかなか原因が特定できないために、

 

完治も難しい病気と言われています。

 

 

関節のこわばりが、リウマチの大きな特徴でもあるので、

 

O脚のような骨や関節の変形が、出やすいとも言えるのです。

 

 

しかも、リウマチは、個人差はあるものの、症状が進行しやすく、

 

痛みを伴うこともあるので、非常に厄介なのです。

 

 

O脚も、膝の変形が進むと、痛みを感じるようになりますが、

 

進行のスピードは、リウマチのほうがかなり早いようです。

 

 

ただし、リウマチの場合には、人によって症状が違うので、

 

O脚の症状が出ない人もいます。

 

 

また、O脚の症状だと思っていたら、

 

実は、リウマチであったというケースもあります。

 

 

O脚とリウマチの大きな違いは、リウマチは左右対称に症状が出やすく、

 

O脚は必ずしも左右対称の症状ではないということです。

 

 

中には、関節リウマチとO脚の両方が発症してしまう人もいますから、

 

指先などのこわばりや、足の変形には、普段から注意していたいものですね。

 


FX このページのトップへ戻る