O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚で悩んでいる方のために矯正方法や改善方法、治し方、原因、ストレッチなどわかりやすく紹介しています。

あなたは、多くの人が間違った方法でO脚を治そうとしているのは知っていますか?


間違った方法でO脚を治そうとすると、かえって症状が悪化してしまうことがあります。


O脚となっている根本原因を解決しない限り、O脚を治す事はできません。


二度とO脚に戻ることなく、短期間でO脚を治せる正しいO脚の矯正方法とは?



O脚のセルフチェック

 

私はO脚ではないはず・・・。

 

そう思っているあなたでも、日本人の約9割がO脚と聞けば、

 

もしかしたら・・・と考えるのではないでしょうか?

 

 

私の場合には、見た目ですぐにわかるO脚でしたから、

 

セルフチェックをするまでもありませんが、

 

軽度のO脚は、早目の対応で矯正することも可能です。

 

 

見た目が悪くても、他に異常がないから大丈夫と思っていても、

 

将来的に支障が出ることもあります。

 

 

また、女性はO脚になりやすいとも言われていますから、

 

まずは自分の足の状態をチェックしましょう。

 

 

O脚のセルフチェック方法は、両足をそろえて立ち、

 

足の親指とくるぶしを合わせます。

 

 

その時に膝の間の隙間が、2センチ以上空いていれば、

 

O脚の可能性が高いです。

 

 

もちろん、自分の立つ姿勢によっても、

 

膝の間が空いたりくっついたりしますから、全身が映る鏡の前などで、

 

自分の姿勢をまっすぐに見てチェックをしましょう。

 

 

また、その状態で、ふくらはぎや太ももが離れていても、

 

同様にO脚の可能性があります。

 

 

普段からイスに座ることが多い、座っている時に足を組む癖がある、

 

靴のかかとの外側が何故か擦り減ってしまう、などに当てはまる場合も、

 

O脚の可能性は高くなります。

 

 

O脚の場合、チェックポイントが複合しているのではなく、

 

一つでも当てはまる場合には、症状が出るケースがあるので、

 

注意したほうがよさそうですね。

 


FX このページのトップへ戻る