O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚で悩んでいる方のために矯正方法や改善方法、治し方、原因、ストレッチなどわかりやすく紹介しています。

あなたは、多くの人が間違った方法でO脚を治そうとしているのは知っていますか?


間違った方法でO脚を治そうとすると、かえって症状が悪化してしまうことがあります。


O脚となっている根本原因を解決しない限り、O脚を治す事はできません。


二度とO脚に戻ることなく、短期間でO脚を治せる正しいO脚の矯正方法とは?



子供の場合のO脚

 

赤ちゃんのうちは、O脚なのは自然なことで、

 

成長に従ってまっすぐな足になりますが、

 

いくつになってもO脚傾向にある歩き方や姿勢がなんだかおかしい、

 

と言うことがあります。

 

 

その全てがO脚であるとは言えませんが、

 

可能性が高い時は、整形外科の受診をお勧めします。

 

 

もちろん、子供さんをまっすぐに立たせ、両足のくるぶしを揃えて、

 

膝の間の隙間がどれくらいあるかでも、O脚の判断はつくでしょう。

 

 

その隙間が、大人の指二本以上である場合には、

 

O脚の可能性が高いと言えます。

 

 

また、普通に立った時に、くるぶしの間が空き、

 

指3本くらいの隙間があれば、X脚であるかもしれません。

 

 

O脚と言うのは、子供の場合、発育不良も大きな原因となります。

 

骨や足自体の変形などは、早急な治療や手術が必要になることもあるのです。

 

 

O脚の治療と聞くと、親御さんはかなり不安を感じるかもしれませんが、

 

子供のうちは、骨や関節が柔らかいため、O脚の改善がしやすいのです。

 

 

深刻な場合には、手術もありえますが、装具を使うこともできますし、

 

早期発見が、早期改善に繋がることは間違いありません。

 

 

O脚が病的なものかそうでないものかは、

 

レントゲン撮影ではっきりしますから、

 

自分で判断が難しい時には、専門家に相談するといいですね。

 


FX このページのトップへ戻る