O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚で悩んでいる方のために矯正方法や改善方法、治し方、原因、ストレッチなどわかりやすく紹介しています。

あなたは、多くの人が間違った方法でO脚を治そうとしているのは知っていますか?


間違った方法でO脚を治そうとすると、かえって症状が悪化してしまうことがあります。


O脚となっている根本原因を解決しない限り、O脚を治す事はできません。


二度とO脚に戻ることなく、短期間でO脚を治せる正しいO脚の矯正方法とは?



赤ちゃんの場合のO脚

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、みんなO脚です。

 

私も出産の経験がありますが、そう言えばそうだったなぁと思います。

 

 

赤ちゃんが眠っている時に足を見てみると、

 

完璧ながにまたですよね(笑)。

 

 

このがにまたが、成長に伴って、

 

少しずつまっすぐになるのです。

 

 

最初はO脚で、2歳ころからX脚、

 

そして小学生になるにつれて、まっすぐになってきます。

 

 

歩くことができない赤ちゃんには、

 

体重をかける必要がありませんから、

 

ある意味O脚は、自然な脚の形と言ってもいいでしょう。

 

 

ただし、最近では、赤ちゃんに早く歩かせたいと言う気持ちから、

 

まだ足がしっかりしていない時期に、歩かせてしまっているケースがあります。

 

 

赤ちゃんが喜ぶから、動き回って困るからと言う理由で足の成長が追いつかないうちに、

 

歩行器を使うことは、その後の成長に悪影響になる可能性もあるのです。

 

 

赤ちゃんの足と言うのは、筋肉や骨の成長が緩やかですから、

 

無理な力を加え続けると、骨が変形してしまうケースも考えられます。

 

 

子供の成長段階で骨の異常があると、強い痛みが起こることもありますから、

 

小さい年齢の子供さんは、過剰な負荷を足にかけないことが重要です。

 

 

成人になってからのO脚と言うのは、

 

生活習慣の乱れが原因であることが多いですが、

 

子供のO脚は、親の育て方も関係するようですから、

 

注意したほうがよさそうですね。

 


FX このページのトップへ戻る