O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚で悩んでいる方のために矯正方法や改善方法、治し方、原因、ストレッチなどわかりやすく紹介しています。

あなたは、多くの人が間違った方法でO脚を治そうとしているのは知っていますか?


間違った方法でO脚を治そうとすると、かえって症状が悪化してしまうことがあります。


O脚となっている根本原因を解決しない限り、O脚を治す事はできません。


二度とO脚に戻ることなく、短期間でO脚を治せる正しいO脚の矯正方法とは?



片足だけO脚の場合

 

O脚と言うのは、足首を揃えて立った時に、

 

膝がくっつかない状態を指しますが、

 

必ずしも両方の脚がO脚になるわけではありません。

 

 

片方の脚がO脚の状態をD脚とも言います。

 

片方だけなら、見た目も悪くないのでは・・・と考えがちですが、

 

D脚もO脚同様、体に支障が出やすくなります。

 

 

片足がO脚になるのは、骨の異常か姿勢の悪さ、脚を組むことが多い上に、

 

組む脚がいつも同じといったことが原因と言われています。

 

 

片足のO脚の場合、骨の異常であれば、

 

整形外科などで診察を受けるといいでしょう。

 

 

また、骨の異常でなくても、靭帯の異常が関係していることもあるので、

 

見た目だけでなく、原因をきちんと明らかにすることが重要です。

 

 

片足のO脚は、そのままにしておくと、体のバランスが悪くなり、

 

腰痛や膝痛などが出やすくなります。

 

 

しかも、見た目は悪くないと思っていても、

 

実際にはかなり見た目が悪いものです。

 

 

どことなく傾いている感じを受けますし、

 

立っている姿勢も前かがみになってしまって、

 

O脚でないもう片方の脚にも負担が大きくなってしまうでしょう。

 

 

ですが、片足のO脚は、両足のO脚よりも、

 

比較的改善しやすいと言われています。

 

 

脚のバランスが悪い状態を長く続けていると、

 

O脚の改善にかかる時間が長くなりますし費用もかさみます。

 

 

自分が当てはまると思うのであれば、

 

早めに専門機関にかかりましょう。

 


FX このページのトップへ戻る