O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚で悩んでいる方のために矯正方法や改善方法、治し方、原因、ストレッチなどわかりやすく紹介しています。

あなたは、多くの人が間違った方法でO脚を治そうとしているのは知っていますか?


間違った方法でO脚を治そうとすると、かえって症状が悪化してしまうことがあります。


O脚となっている根本原因を解決しない限り、O脚を治す事はできません。


二度とO脚に戻ることなく、短期間でO脚を治せる正しいO脚の矯正方法とは?



ハイヒールやブーツを履くとO脚になりますか?

 

ハイヒールやブーツは、

 

O脚の人にはあまり向かない履物ですね。

 

 

ハイヒールは、つま先に体重がかかりやすく、O脚の人が履くと、

 

余計に足の外側にかかる力が大きくなります。

 

 

また、ハイヒールは、バランスが取りにくいので、O脚の人が長時間履いていると、

 

足が疲れやすくなると共に、捻挫などを起こしやすくなってしますのです。

 

 

ですが、オシャレな場などでは、

 

ハイヒールを履かなければならないこともあるでしょう。

 

 

そんな時は、できるだけヒールのしっかりした靴を選びましょう。

 

できるだけ靴の中で足が動かないものが、適しています。

 

 

そして、ブーツは、寒い時期の必需品ですね。

 

ヒールが低いブーツであれば、あまり問題はありませんが、

 

オシャレだけにこだわって、形優先で選ぶことは避けたいものです。

 

 

履物の種類も、O脚になりやすい原因と言えますが、

 

履き方と歩き方も、大きく関係しています。

 

 

足の裏がしっかりと地面について、

 

歩くときもかかと全体でしっかりと歩ける靴が、

 

足のバランスを保ち、正しい姿勢で歩くことができるでしょう。

 

 

もちろん、ハイヒールやブーツを履いたからといって、

 

それが直接O脚に繋がるわけではありません。

 

 

ハイヒールやブーツなどの機能性を無視した履物を履いて、

 

体重のバランスが崩れた状態が続くことで、足がO脚になってしまうのです。

 

 

O脚の予防をするのであれば、どんな靴を履いても、

 

正しい歩き方をすることを心がけることが重要です。

 


FX このページのトップへ戻る