O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚の矯正・改善・治し方・原因・ストレッチ

O脚で悩んでいる方のために矯正方法や改善方法、治し方、原因、ストレッチなどわかりやすく紹介しています。

あなたは、多くの人が間違った方法でO脚を治そうとしているのは知っていますか?


間違った方法でO脚を治そうとすると、かえって症状が悪化してしまうことがあります。


O脚となっている根本原因を解決しない限り、O脚を治す事はできません。


二度とO脚に戻ることなく、短期間でO脚を治せる正しいO脚の矯正方法とは?



そもそもO脚とは?

 

O脚とは、足を揃えて立ったときに、

 

膝がつかない状態を言います。

 

いわゆる「がにまた」ですね。

 

 

さらに、膝だけでなく、ふとももやふくらはぎがつかないO脚もあるので、

 

日本人の約9割がO脚とも言われているのです。

 

 

つまり、ほとんどの人が少なからずO脚であると言うことです。

 

 

産まれたばかりの赤ちゃんは、がにまただけど、

 

そのままのO脚が治らないの?と、

 

質問されることがありますが、そうではありません。

 

 

赤ちゃんは、歩くことができないのですから、

 

そのO脚の状態は、ある意味正常なのです。

 

 

お子さんをお持ちの人はよくわかるかと思いますが、

 

子供が2〜3歳ころになると、

 

いつのまにかO脚がまっすぐになりますよね。

 

これも自然なことなのです。

 

 

ですが、その後の環境の変化で、

 

再びO脚になってしまうのです。

 

 

O脚は、見た目が悪いから恥ずかしい、

 

と思う人もいますが(私を含めて)、

 

実はそれ以上に、注意しなければならないことがあるのです。

 

 

見た目ぐらいなら別に気にしないと思っている人も、

 

将来的に良くないことが起こるかもしれないので、

 

あまりO脚を気にしないというのは、いかがなものでしょうか?

 

 

O脚はどちらかと言うと、その状態を隠しておけばいいと言う応急処置をとりますが、

 

O脚もれっきとした病気と言えるので、隠すのではなく治すことを考えましょう。

 

 

自分の足がO脚であるかどうか、一度チェックするといいですね。

 


FX このページのトップへ戻る